メル友でもママ友でもない新しいコミュ二ティ『墓友!』って?

メル友でもママ友でもない新しいコミュ二ティ『墓友!』って?

近年話題となっているこういう関係の中に、墓友があります。

 

これは将来共同墓地等の同じお墓に入ることを前提に付き合っている友達のことを指す言葉となっており、最近の風潮や社会情勢を象徴するものとなっているのが特徴です。

 

 

現代社会は核家族化や少子化が進み、高齢者が1人で生活していると言うケースが非常に増えています。

 

その中には孤独死をしてしまう危険性をはらんでいる人も多い上、なくなっても身寄りがなく入るお墓がないと言う人も増えているのが実態です。

 

そのような将来に不安を感じている人が就活の中で様々な交友関係を求め、同じような境遇にいる人と一緒の共同墓地などに入ることを考えながら、新たな交友関係を持ち生きるための拠り所としていることが多いのです。

 

 

従来はお墓は先祖代々引き継がれていくものとされ、子供が親の面倒を見ると言うことが一般的になっていました。

 

数人の子供がいてその中の1人が家を継ぎ、お墓を継ぐことが一般的となっていましたが、近年では社会情勢が大きく変化していることもあり、それぞれの子供が独立して自分の家族を持ち、親元を離れてしまっているために親の面倒を見ることができないと言うケースも少なくありません。

 

さらに結婚をせずに生涯独身で過ごすと言う人も増えており、その環境の中で最終的に自分の親だと面倒を見てくれる人がいないと言うことも非常に多くなっていることから、同じような境遇を持つ人と最終的な就活を一緒に行い、過ごしていくことが墓友が増える大きな理由となっているのです。

 

 

墓友が話題となっている理由は、終活ブームや葬儀の簡素化も大きな影響を及ぼしています。

 

自分が生きているうちに死んだ後のことを考えて身の回りの整理をする終活は、家族に迷惑をかけずに死にたいと言う気持ちの表れであり、これが葬儀の際にもできるだけ簡素に行いたいと言う思いに反映されます。

 

ただしこれは1人で行うと大きなストレスを感じるものでもあるため、同じような活動をする人と友人関係になることで、墓友の関係が生まれるものともなっています。

 

互助会、終活、葬儀に関するお勧め情報サイト
↓↓
https://www.sougischool.jp/